ボーイズラブ小説

2010年6月8日火曜日

「マリオカートWii」レースで役立つ攻略テクニック

「マリオカートWiiが再び売れはじめたので便乗する。

なんというCM“嵐効果”。今度はジュンジュンに罪と罰 宇宙の後継者のプレイをお願いしたい」




「マリオカートWii」の攻略法を知りたい人は今回の記事は必見。

マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)
マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)



いくつかのテクニックを「基本」と「応用」に分けて公開。

これら攻略テクニックを知っているのと知らないとではレースの成績に雲泥の差がある。




●基本テクニック

 どのモードでも役立つと思われ。




 ・基本テク1「スタートダッシュ」

 スタート時のカウントダウンで「2」の数字が重なった直後にアクセルを踏み始めることで、スタート時にダッシュが発動。「2」が重なる直前に押してしまったり、遅すぎると失敗となる。また、押すタイミングによってダッシュの継続距離が変化する。




 ・基本テク2「ドリフト」

 アクセルを踏みながらブレーキボタンを押し、曲がりたい方向にハンドルを操作するとマシンがドリフト状態に突入する。ドリフトを行うと、減速を抑えつつ鋭角なコーナーを曲がることができる。また、カートとバイクとではドリフトを使ったときの曲がり方が異なる。




 ・基本テク3「ミニターボ」

 初期設定が「マニュアルドリフト」の場合、ドリフト状態を一定時間続け、青い火花が発生したときにドリフトを解除するとミニターボが発生し、短時間ダッシュができる。カートに乗っていれば青い火花が出た後、さらにドリフトを続けると火花がオレンジに変化し、スーパーミニターボが発動する。

 初期設定が「オートドリフト」の場合、ハンドル操作だけでドリフトが可能だが、ミニターボは発生しない。




 ・基本テク4「ウィリー」

 ウィリーはバイクのみ行えるアクション。走行中にWiiハンドルを上に振ることで一定時間ウィリー走行ができる。ウィリー走行中は通常走行時よりも速度が上昇するが、左右に曲がりにくくなったり、ほかのマシンと接触すると速度が激減するというデメリットがある。見通しのいい直線で積極的に狙っていこう。また、ウィリー走行中にWiiハンドルを下に振ると通常走行に戻すことができる。




 ・基本テク5「ジャンプアクション」

 ジャンプ台でジャンプした瞬間に、どの方向でもいいのでWiiハンドルを振るとジャンプアクションが発生。ジャンプアクションに成功すると、着地後にダッシュが発生する。ただし、ジャンプアクションを行うには、ある程度の高さが必要になる。よって、ジャンプしてから3秒内にハンドルを振って発動することもまれにある。




 ・基本テク6「スリップストリーム」

 他のマシンの後ろを一定時間走行すると、速度が上昇し、敵とのぶつかり合いに強くなる。スタート直後や混戦時に有効なテクニックだ。逆に、マシンの後方にライバルがいる場合は、左右に振ってスリップストリームを出させないことが重要。




 ・基本テク7「スリップターン」

 停止した状態でアクセルとブレーキを同時に押しながらハンドルを切ると、その場で方向転換ができる。さらに、この状態を一定時間継続することで、ミニターボが発生するのだ。障害物に引っかかって動けなくなった時や、バトル時の方向転換に使おう。







●応用テクニック

 基本テクニックを踏まえたうえで、応用テクニックにも挑戦してみる。

 タイムアタックなどで少しでも記録を更新したいときは、これらのテクニックが大いに役立つ。




 ・応用テク1「ひたすらインを走る」

  コーナーのインを走るのとアウトを走るのとではタイムに大きな差が出る。できるだけインを走るのが基本だ。そこで重要となるのがドリフト中の方向転換。ドリフト時にコーナーのインに突っ込みすぎてしまったら、曲がる方向とは逆側にハンドルを切って進路を微調整する。例えばドリフトで右に曲がる場合は、右にハンドルを切って、曲がりすぎたら逆方向→左に切って調整する。




 ・応用テク2「ミニターボの使いどころ」

  ミニターボは基本的に火花が出た瞬間に使うのがベストだが、例外もある。例えば下り坂のあとに上り坂があるような場所では、通常走行だと減速が激しくなる上り坂までミニターボを温存したほうが、結果的にはタイムが縮む。他にもコーナーを抜けた直後など、ミニターボを最大限に利用できる場所を理解しておく。ミニターボが2回行える場所ならともかく、短いコーナーは曲がり終えるまで温存したい。ミニターボの効果を最大限に活かせる場所でドリフトを解除しよう。




 ・応用テク3「重心移動を利用しよう」

  ジャンプ中にハンドルを前に傾けると、マシンの重心を前に移動させられる。このテクニックを使えば、着地時にマシンが跳ねてしまうことを防げる場合がある。とはいえ場所によっては重心移動をしないほうがいいこともあるので、実際に走ってみて感触を確かめるしかない。




 ・応用テク4「ウィリーの使いどころ」

  バイクでは、ミニターボを使用した直後などにもウィリー走行が有効。ダッシュ状態のままウィリーすると、そのスピードを少し維持したまま走ることができるのだ。ミニターボ後はできるだけす速くウィリーに移行するよう心がけよう。ただし、ウィリー中にハンドルを左右に切ると減速してしまう点に注意。ウィリーに入る前に進行方向は調整しておくこと。

  ダッシュキノコなどでダッシュ効果を得た状態でウィリーを使用すると非常に効果的。積極的に狙おう!




 ・応用テク5「ジュゲムダッシュ」

  コース外に落ちると、ジュゲムがプレイヤーをコース内まで運んでくれる。この時、地面に着地する直前にアクセルを踏むとダッシュが発動!




 ・応用テク6「アイテムの種類を覚えろ」

  各モードの「グランプリ」や「VS」、「バトル」では多彩なアイテムを使い分けることが重要。以下、全アイテムの効果を解説する。


  ☆バナナ

   コース上に設置。踏んだキャラはスピンする。前方にも投げられる。




  ☆トリプルバナナ

   コース上に設置。3つのバナナが自分のマシンの後方に出現。効果はバナナと同じ。




  ☆ミドリこうら(緑甲羅)

   使用すると前方にまっすぐ飛んでいく。後方にも投げられる。




  ☆トリプルミドリこうら(緑甲羅防御)

   こうらが自分のマシンの周囲を回る。効果はミドリこうらと同じ。




  ☆アカこうら(赤甲羅)

   自分よりひとつ順位が高い敵に追尾。後方に投げると追尾しない。




  ☆トリプルアカこうら(赤甲羅追尾)

   自分のマシンの周囲にこうらが3つ出現。効果はアカこうらと同じ。




  ☆ボムへい

   使用後、誰かのマシンが近づくか、一定時間が経過すると爆発する。




  ☆トゲゾーこうら

   1位を走っているマシンを自動的に追尾。当たると爆発する。




  ☆にせアイテムボックス

   アイテムボックスに似た箱をコース上に設置。当たると爆発する。後方にぶら下げていても甲羅(こうら)などは防ぐことができないので注意!!




  ☆ダッシュキノコ

   一定時間ダッシュ効果が得られ、悪路に入ってもあまり減速しない。




  ☆トリプルダッシュキノコ

   ダッシュキノコを3回、自分の好きなタイミングで発動できる。




  ☆パワフルダッシュキノコ

   最初に使ってから一定時間だけ何度もダッシュキノコが使える。




  ☆きょだいキノコ

   一定時間巨大化。触れたマシンを踏み潰せる。悪路でも減速しない。




  ☆キラー

   自分のマシンが一定時間、キラーに変身。コースを自動走行する。




  ☆スーパースター

   一定時間無敵になり、速度が若干上昇。接触したマシンは転倒する。




  ☆ゲッソー

   使用すると、自分より上位にいるマシンの視界を墨で悪化させる。




  ☆サンダー

   自分より上位のマシンに対して雷を落とし、マシンを縮小化させる。




  ☆POWブロック

   自分より上位で走るマシンを転倒させてアイテムも失わせる。




  ☆カミナリぐも

   持っていると一定時間で縮小化する。ライバルになすりつけられる。






 ・応用テク7「アイテムを効果的に使え」

  アイテムを使ったテクニックがある。狙ってみよう。




  ☆「接近マークに注意!」

   アイテム、もしくはキラーやスターを使用したマシンが近づくと目印となるマークが画面下に出現する。このマークが表示されたら、進路を変更して回避しよう。




  ☆「相手の動きを先読みする」

   ミドリこうらを投げるときは、相手の動きを予測する。予測しやすいのは自由に動ける直線ではなく、動きがある程度限定されるコーナリングの最中。コーナーの角度によって投げる位置を調節しながら、相手の少し先をめがけて投げよう。




  ☆「壁の反射を狙え」

   後方にいる敵にミドリこうらを当てたいときは、後ろに投げて当ててもいいが、前方の壁の反射を利用するという手もある。壁反射の角度を計算して敵を狙うのは非常に難しいので、ある程度は感覚で投げてしまっても対人戦では相手をビビらせることができる。




  ☆「投げる方向を見極める」

   ミドリこうらを投げると、自分のマシンの向きに対してまっすぐに飛んでいく。つまり、通常走行時なら正面に、コーナリング中ならコーナーのイン方向に向かって飛ぶのだ。確実にこうらをヒットさせたい場合は正面を向いているときに投げよう。




  ☆「無理して投げるな!」

   ドリフト中はアイテムを投げる、又は置く狙いを定めにくい。確実にアイテムを当てたい、設置したい場合はドリフトを解除してから行おう。




  ☆「バナナの設置場所」

   バナナの設置場所も重要なポイント。

   特に対人戦では・・・

   →ジャンプした先の着地地点に設置。

   →アイテムボックスのすぐうしろに設置。

   →下り坂の下りたところ

   →ショートカットポイント

   など、人が通りたくなる場所、死角となる場所に置けばいい。たかがバナナとバカにするなかれ!!




  ☆「壁を盾にしよう」

   アカこうらを投げられたときの対処法。アカこうらは壁にぶつかったり、クレパスに落ちたりすると消滅する。この性質を利用し、コース内の障害物を使ってアカこうらを避けよう。障害物が少ないコースでは次に紹介するアイテムぶらさげを活用する!




  ☆「アイテムぶらさげ」

   バナナやミドリこうらなどは、アイテムボタンを押しっぱなしにすることで、マシンの後方にそのアイテムをぶらさげられる。これで相手のこうら攻撃から身を守れる。ただし、にせアイテムボックスのみ、こうらがすり抜けてしまうので注意。

   ライバルにアイテムぶら下げを使われたときは、真後ろから攻撃するのではなく、斜め後ろから攻撃することで対処できる。ただし、距離が離れすぎると狙えないので注意しよう。




  ☆「トゲゾーこうらの対処法」

   ダッシュキノコを持っていれば、トゲゾーこうらが当たる直前に使用することで回避可能。ただし、1位で走っているときはダッシュキノコを入手しずらい。トゲゾーこうらが投げられた際の現実的な対処法は、2位以下のマシンをも爆風に巻き込んでしまうことだ。






 とりあえず漏れにとっての「マリオカートWii」攻略は以上でおしまい。コースの攻略テキストも打とうと思ったけどいろいろバタバタしてるんでムリですわ。



ヤクバハイルのチェックした商品の履歴はこちら!




↓   ↓   ↓


人気バナー


[人気ブログランキング]








幻想自作バナーおもろい記事やな。チェックせな。



0 件のコメント:

コメントを投稿